特定調停との違いについてご説明いたします。岡山で債務整理・過払い金のご相談なら岡山債務整理・過払い金相談センターまで。

岡山で債務整理・過払い金のご相談なら岡山債務整理・過払い金相談センターまで
岡山で債務整理・過払い金請求のご相談は0120-193-552までお気軽にお問い合わせください

特定調停との違い

特定調停との違い

「特定調停との違い」とは、特定調停は裁判所が関与する債務整理の方法です。

一方、任意整理は代理人(司法書士・弁護士)が主導する債務整理の方法です。
特定調停は平成12年2月から施行された新しい債務整理の方法です。

“支払不能にまで至っていないが、このままだと行き詰まる可能性が高い”といった状況を救うために、簡易裁判所を利用して負債を圧縮する手続です。

特定調停も任意整理も話し合いによる解決という点では共通です。
当事者同士で合意に至らなければ、解決には至りません

異なる点は、特定調停の場合、あなたに過払い金返還請求権があることが分かっても、裁判所は回収してくれませんので、別途、ご自分で請求されるか、司法書士や弁護士に頼まなければなりません。

任意整理の詳しい情報はこちら

  • 無料相談はこちら
  • 事務所案内はコチラ
  • 事務所へのアクセス

まずはお気軽にお問い合わせください

岡山で債務整理・過払い金のご相談なら0120-193-552 岡山債務整理・過払い金相談センターまで
電話番号をクリックしていただきますと、スマートフォンでそのまま電話がかけられます